コラム

腸内環境が悪化するとどうなるの?

腸内環境は健康に重要であり、腸内細菌のバランスが崩れると消化不良や免疫力低下などの健康問題が起こる。バランスを改善するためには、バランスの取れた食事やプロバイオティクスの摂取、ストレス管理が重要。これらの方法を取り入れることで、健康な腸内環境を維持できる。
企業

安心できるジェネリック医薬品を販売する長生堂製薬

長生堂製薬は、国内でも数少ないセフェム系抗生物質製剤専用工場を川口に確保しており、内服固形剤の製造をしています。稼働以来多くの企業からの受託製造を請け負いつつ、その製造ラインの自動化と実際に作業を行う作業員一人ひとりのスキルアップも図ってきました。
企業

目の医薬品だけでなく眼科用医療機器の販売も行っている参天製薬

参天製薬は主に点眼薬を販売しており、さまざまな症状ごとに効果のあるものを複数提供しています。同じ症状であっても違いのある製品を販売しているため、お客様が自分に合っている点眼薬を見つけやすくなっています。ホームページでどういった症状に効果があるのかを製品ごとに紹介しているのも、こちらの企業の特徴です。
企業

新薬の後発医薬品であるジェネリック医薬品会社サワイグループ HD

すっかり皆さんの中でも、ジェネリック医薬品は浸透しました。新薬(先発医薬品)の特許が切れて、同じ有効成分で作られた後発医薬品のことです。そのなかでもトップ企業のほうに属するサワイグループ HD、その独自の製薬技術の特徴とジェネリックについてご紹介します。
企業

東和のジェネリック医薬品でおなじみの製薬会社東和薬品をご紹介

製薬会社である東和薬品は、東和のジェネリックをいうキャッチフレーズのCMでおなじみになりました。ジェネリックの会社はたくさんありますが、そのなかでも多数の品目を取り扱っています。ジェネリックは、日本での普及のだいぶ進み、約80%になっています。今回は、ジェネリックのおさらいとともに、東和薬品がどんな取り組みをしているのかをご紹介します。
コラム

ジェネリック医薬品の有効成分は?厚生労働省の解説もチェック

日本国内で流通している医薬品には2種類があり、医療用医薬品とOCT医薬品に分けられます。医療用医薬品にはさらに「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類があります。後者のジェネリックについて見ていきましょう。